WEB予約

診療のご案内

唾石症
Medical information

唾石症とは

大唾液腺(耳下腺、顎下腺)からの唾液排出管(導管と呼ばれます)の中に結石が生じ、唾液流出障害や炎症が起こる病気です。
特に顎下腺(顎の下にある唾液腺)に多く発症(約8割)します。顎下腺の場合、その排出管は全長約5-6cm、径は平均1.5mmで、数mmの大きさの結石でも流出障害が生じます。また顎下腺では約5割が唾液排出管内、約4割が腺管移行部、約1割が顎下腺内に生じます。男女比は2:1で男性に多く認めます。

症状

初期には症状を認めないことが多く、唾液排出管の部分的、または完全な閉塞が生じた時に症状が出現します。

食事の際に一側の顎下部が急激に腫れ、疼痛をきたします。食後しばらくすると腫脹は改善しますが、食事のたびに繰り返すようになります。また口腔底粘膜(舌の下側)の腫脹や発赤、時には膿の排出も認めます。

原因

唾液排出管内に侵入した小異物や細菌、脱落した上皮などが核となって、周囲に石灰が沈着し唾石が形成されるとされています。またその要因としては、口腔咽頭の感染により唾液の流出が停滞することや、唾液のpHの変化(微小結晶顆粒の溶解や濃縮に影響を及ぼす)などが考えられています。
唾石の主な成分は、リン酸カルシウム(約75%)、炭酸カルシウム(約25%)です。

治療

診断:
症状、触診、超音波検査(エコー検査)などで診断できることが多いです。
ただ微小な結石の場合など、CT検査を行うこともあります。

治療:
まずは抗菌薬や鎮痛剤等の内服治療、うがいなどで炎症をおさえることが大切です。唾石は自然に排出されることもあり、しばらくは経過を観察しますが、改善しない場合には手術(摘出)の適応となります。
手術の際、唾液の出口に近い結石は部分麻酔にて口内から摘出可能(口内法)なことも多いですが、深部の結石は全身麻酔が必要(口外法)になることもあります。

先生より

院長 細野研二

プロフィール

・炎症時には唾液腺に負荷をかけないようにすることがポイントです。唾液が多く産生される食事(よく噛む必要のあるもの、酸っぱいもの)を避けるようにしましょう。
・当院では、唾液の出口に近い結石については、手術対応(口内法)が可能です。
・深部の唾石については、診断後、手術可能な高次施設へご紹介いたします

ご予約はこちら

予約なしでも可能です(電話にてお問い合わせください)

  • TEL:06-4800-8733

    受付時間:診療時間と同様です

  • WEB予約

    WEB受付:24時間受付中

耳鼻咽喉科・アレルギー科 ほその耳鼻咽喉科

〒531-0041
大阪府大阪市北区天神橋7丁目6-3-4F

TEL:06-4800-8733 FAX:06-4800-8732

受付時間:診療時間と同様です

診療時間

★土曜日の診察時間は9:00~13:00
《休診》木曜日 午後・土曜日 午後・日曜・祝日

WEB予約WEB予約

予約なしでも、受診できます。
待ち時間を少なくするため、インターネットかお電話でのご予約をおすすめします。

TEL:06-4800-8733 WEB予約
Scroll Up