WEB予約

診療のご案内

睡眠時無呼吸症候群
Medical information

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠中に呼吸が10秒以上停止している状態を睡眠時無呼吸と呼び、ほとんどの場合にはいびきも認めます。7時間の睡眠中に無呼吸を30回以上認めるものを睡眠時無呼吸症候群といいます。一部には脳や心臓の病気が原因で起こるタイプ(中枢型)もありますが、ほとんどの場合は上気道(吸気・呼気の通路)が狭いことで起こるタイプ(閉塞型)です。睡眠中に反復して呼吸が停止すると、身体の中の酸素が減り、心臓や血管に負担が生じます。また呼吸のために脳が目覚めることで深い睡眠を得られず、身体全体に大きな負担がかかります。その結果として、下記のような様々な症状が生じます。放置した場合、突然死(心筋梗塞、脳卒中)のリスクが高くなるといわれています。

症状

激しいいびき、睡眠中に何度も目を覚ます(夜間に何度もトイレに行く)
夜間の睡眠不足による日中の傾眠(強い眠気)や集中力の低下、倦怠感、
朝の口腔乾燥感、朝の頭痛

原因

閉塞型(上気道が狭いタイプ)の場合
①肥満:睡眠時無呼吸の原因で最も多いものですが、いったん睡眠時無呼吸症候群をきたすと、食欲ホルモンが亢進し体重が増加するともいわれており、ますます肥満が進むことになります。
(ただし、痩せ型の方や女性でも顎の形や骨格の影響で発症されることがあります。)
②睡眠体位:仰臥位(上向き)で寝ると舌が重力の影響で沈下して気道を狭くします。
③扁桃肥大:扁桃が大きいことで気道が狭くなります。特に小児の場合には、アデノイド(咽頭扁桃:鼻の奥の扁桃組織)も同時に肥大していると、鼻呼吸も障害され、睡眠時無呼吸を生じやすくなります。

治療

【検査内容】
睡眠中の身体の状態を調べる睡眠検査(PSG:終夜睡眠ポリグラフ検査)を行い、重症度を調べます。
①簡易睡眠検査(簡易PSG)
 鼻の下や手の指にセンサーをつけた状態で眠っていただき、睡眠中のいびきや呼吸の状態を検査するもので、睡眠時無呼吸症候群(SAS)のスクリーニング(可能性を調べる)を行います。通常、自宅にて検査可能です。当院でも自宅で検査を受けていただき、後日結果をご説明いたしております。

②精密睡眠検査(PSG)
 身体に様々なセンサー(脳波、心電図、筋電図、胸部・腹部の運動モニターなど)をつけた状態で眠っていただき、簡易睡眠検査よりもさらに詳細に睡眠中の状態を調べる検査です。睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断確定に用います。通常、専門の医療機関に入院して行いますが、夕方以降に入院して検査を行い、翌早朝には退院できる施設もあります。当院では精密検査が必要な患者様には、専門の医療機関へご紹介させていただいております。ただし、ご家庭やお仕事の都合でどうしても入院が困難な場合には、よくご相談した上で他の方法も選択肢としてご提示いたします。専門の医療機関で検査を受けていただいた場合でも、結果については後日当院でご説明させていただきます。

【治療内容】
診断確定後、まず一般的な対策を始めていただきます。
①減量(食生活の改善、適度な運動)
②寝る時の姿勢の改善
③禁煙
④禁酒
生活習慣の改善、特に減量が大切です。10%の減量で睡眠時無呼吸の回数が約25%下がるというデータもあり、当院ではまず10%の減量を目標としていただきます。減量がうまく進まない場合には漢方薬などを補助的に用いることもあります。

一般的な対策のみで改善を認めない場合、耳鼻咽喉科的には、手術により改善が期待できるかどうか(手術の適応かどうか)をまず判断します。
・扁桃肥大やアデノイド増殖症、慢性鼻閉等が原因と考えられる場合には、手術による改善が期待できます。特に小児ではほとんどの場合、手術で改善します。
・手術の適応がない場合、CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸)療法の適応です。これは睡眠時に鼻にマスクをあて、一定の圧が加わった空気が送られてくることで、気道を閉塞しにくくする装置です。
ご自宅に器機を設置し、月1回通院していただき、使用状況や効果、副作用などをチェックしていきます。CPAP療法は中等症以上の方に保険適応があります。ただしCPAP療法はあくまでも症状を軽減するためのもので、継続により睡眠時無呼吸が治るわけではありません。
・またCPAP療法の保険適応にならない軽症の方や、CPAP療法を継続できない方では、歯科にて口腔内装置(マウスピース)を作成していただくことも有用です。この場合にも診断が確定していれば、保険適応となります。

先生より

院長 細野研二

プロフィール

・睡眠時無呼吸症候群を認める場合、自動車を運転されると、運転中に眠くなり交通事故を起こす危険性が高くなるため、注意が必要です。
・当院では睡眠検査、CPAP療法を行っております。ご家族より激しいいびきを指摘される場合など、お気軽にご相談ください。
・耳鼻咽喉科では、鼻やのどの形態診断を行い、手術が適応になるかどうかも判断いたします。
・CPAP治療の転院について
現在遠方の病院に通院されておられる方や、大阪市北区周辺に引越してこられた方などでCPAP治療の転院を希望される(当院でのCPAP治療を希望される)場合には、一度当院へご連絡ください。

睡眠時無呼吸なおそう

ご予約はこちら

予約なしでも可能です(電話にてお問い合わせください)

  • TEL:06-4800-8733

    受付時間:診療時間と同様です

  • WEB予約

    WEB受付:24時間受付中

耳鼻咽喉科・アレルギー科 ほその耳鼻咽喉科

〒531-0041
大阪府大阪市北区天神橋7丁目6-3-4F

TEL:06-4800-8733 FAX:06-4800-8733

受付時間:診療時間と同様です

診療時間

★土曜日の診察時間は9:00~13:00
《休診》木曜日 午後・土曜日 午後・日曜・祝日

WEB予約WEB予約

予約なしでも、受診できます。
待ち時間を少なくするため、インターネットかお電話でのご予約をおすすめします。

TEL:06-4800-8733 WEB予約
Scroll Up