WEB予約

診療のご案内

シェーグレン症候群
Medical information

シェーグレン症候群とは

スウェーデンの眼科医ヘンリック・シェーグレンが 1933 年に発表した論文にちなんで名前がつけられた疾患で、唾液腺や涙腺の分泌機能低下(唾液量や涙液量の低下)を主とした、自己免疫性全身慢性外分泌腺炎です。典型的な方では口腔乾燥、乾燥性角結膜炎、リウマチ様関節炎、反復性唾液腺炎を認めます。中年の女性に多い傾向があります。

症状

1.口腔乾燥(ドライマウス)による症状:口が乾く、食事の時によく水を飲む、虫歯が多くなる、味覚異常。
2.目の乾燥(ドライアイ)による症状:涙が出ない、目の異物感(ゴロゴロする)、まぶしく感じる不快感、目のかゆみや充血、目やにが多い。
3.その他の症状:反復性の耳下部腫脹、手指の関節痛、発熱、肌荒れ、皮疹、日光過敏、鼻の乾燥や出血など。

原因

自分の身体に対して免疫反応を起こすことにより生じる自己免疫疾患です。遺伝的要因、ウイルスなどの環境要因、免疫異常、女性ホルモンの要因などが感がられています。

治療

残念ながら現在の医療では根本的に治す方法はありません。生活の質を保つことを目的とした治療が中心になります。
1.口腔乾燥に対する治療:口内を清潔に保つ、唾液分泌促進薬の内服、人工唾液の使用。
2.目の乾燥に対する治療:点眼薬。
3.その他の症状に対する治療:炎症所見に応じてステロイド薬、消炎鎮痛剤、塗り薬。

先生より

院長 細野研二

プロフィール

・まずは正確に診断することが大切です。診断に必要な検査として耳鼻咽喉科で行うものがありますので、当院へご相談ください。
・シェーグレン症候群は、難病に指定されています。当院にて難病の登録もさせていただきます。
・シェーグレン症候群は、慢性に経過する病気であり、長く付き合っていく必要があります。規則正しい生活、バランスのとれた食事、適度の運動、休養をとりストレスを取り除くなどの取り組みも大切です。

ご予約はこちら

予約なしでも可能です(電話にてお問い合わせください)

  • TEL:06-4800-8733

    受付時間:診療時間と同様です

  • WEB予約

    WEB受付:24時間受付中

耳鼻咽喉科・アレルギー科 ほその耳鼻咽喉科

〒531-0041
大阪府大阪市北区天神橋7丁目6-3-4F

TEL:06-4800-8733 FAX:06-4800-8733

受付時間:診療時間と同様です

診療時間

★土曜日の診察時間は9:00~13:00
《休診》木曜日 午後・土曜日 午後・日曜・祝日

WEB予約WEB予約

予約なしでも、受診できます。
待ち時間を少なくするため、インターネットかお電話でのご予約をおすすめします。

TEL:06-4800-8733 WEB予約
Scroll Up