公式LINE
WEB予約 公式LINE
診療のご案内

上咽頭炎

Medical information

上咽頭炎とは

鼻とのどの間(境界部分)を上咽頭(咽頭の一番上の場所)といいます。
この上咽頭に、急性または慢性の炎症が生じている状態です。

症状

①上咽頭の症状
  のどの上の方の痛み、または違和感や乾燥感や声の出しにくさなど
②後鼻漏
  中~下咽頭へ流れる分泌物が増加
 →痰が絡んだ感じ、のどのつまり感、声の出しにくさなど
③上咽頭炎に関連した痛み
  首や肩のこり、頭痛、頭重感など
④その他
  自律神経障害(倦怠感、めまい、睡眠障害など)

原因

感染(細菌、ウイルス)、冷え、疲労やストレス、乾燥、鼻炎の影響、逆流性食道炎などが考えられます。
ただ慢性炎症については、原因を特定することは困難な場合が多く、いくつかの要因が組み合わさって生じていると思われます。

治療

症状や病歴などに加え、鼻咽腔内視鏡検査などを行い診断します。
治療は、薬物療法や処置などの保存的治療が中心になります。
処置として、上咽頭擦過療法が有効な方もおられます。

また自宅での「鼻うがい」も有効な場合があります。

<上咽頭擦過療法>


「EAT(Epipharyngeal Abrasive Therapy)」または、「Bスポット療法 」と呼ばれています

【方法】


上咽頭に綿棒などで薬液を擦り付けます。1回あたりの処置は1分程度です。処置の頻度は、症状に応じて1回/2週~2回/週まで様々です。通常、5~10回以上繰り返すことで効果が期待できます。

【期待できる効果】


 ①上咽頭の消炎効果
 ②瀉血効果…うっ血状態を改善させる
 ③迷走神経刺激

【起こり得る合併症】


 ①疼痛(処置後は数日続く場合があります)
 ②出血

※生活習慣、環境、鼻咽腔の構造や性状等により、効果を認めない場合もあります

先生より

院長 細野研二

プロフィール

・新型コロナウイルス感染拡大後より、ウイルス感染後に上咽頭炎が続くケースが増えています。
・鼻の奥やのどの上の方の違和感、後鼻漏を認める場合には、一度耳鼻咽喉科を受診されることをお勧めします。
・当院では、慢性炎症の場合に、希望に応じて「EAT療法(Bスポット療法) 」を行っています。

ご予約はこちら

予約なしでも可能です(電話にてお問い合わせください)

  • TEL:06-4800-8733

    受付時間:診療時間と同様です

  • WEB予約

    WEB受付:24時間受付中

耳鼻咽喉科・アレルギー科 ほその耳鼻咽喉科

〒531-0041
大阪府大阪市北区天神橋7丁目6-3-4F

TEL:06-4800-8733 FAX:06-4800-8732

受付時間:診療時間と同様です

診療時間

★土曜日の診察時間は9:00~13:00
《休診》木曜日 午後・土曜日 午後・日曜・祝日

WEB予約WEB予約

予約なしでも、受診できます。
待ち時間を少なくするため、インターネットでのご予約をおすすめします。
またご予約の際には事前の問診入力にもご協力ください。

TEL:06-4800-8733 WEB予約
Scroll Up